2017年09月16日

出戻り残業

54f783eb.jpg9月11日

昼過ぎからSOUND CITYにてレコーディング1曲。編曲は坂本昌之氏。tassiはポルトガルギターで参加。

坂本氏とは坂本冬美さんの30周年リサイタル以来だから、ほぼ一年ぶりにお会いするわけだ。今回はファド風にやりたいということで、直接連絡をいただいた。ファド風とはいってもtassiは専門家ではないし、また歌手はファドそのものを歌うわけではないので、まずはポルトガルギターの音色が必要ということだろうね。

基本的にtassiが演奏するのはイントロ及び間奏部分だ。譜面には書かれていない装飾音符やビブラートを加えて、寂しげな酒場の雰囲気を出すように心がけた。

その後東京国際フォーラムでさだまさしコンサート終了後、昼間と同じSOUND CITYに戻り、11月公開のアニメ映画の劇伴録音。音楽は川田瑠夏氏。tassiはアコギ、レキント、ビオラ・ブラゲッサでダビング作業。

川田氏はヨーロッパの片田舎というのが全体のイメージにあるようで、どこでどの楽器を使うか考えあぐねている様子である。まずはアコギ曲から仕上げていく。その後いろいろな楽器を曲に当てて、その音色が曲のイメージに合うか試していく。事前にビオラ・ブラゲッサを使いたいという連絡があった。この楽器が家の楽器庫から最後に登場したのは、2009年のアニメ「狼と香辛料」以来だからおよそ8年ぶりとなる。それ以来一度もケースを開けていないので心配だ。しかし楽器の状態も良くまた弦も死んでおらずホッと胸をなで下ろす。

ラスゲアードを多用することで、にぎやかで楽しげな雰囲気を演出した。また当初ポルトガルギターでといわれていた曲も、鉄弦のイメージではないということでレキントギターに代わった。それぞれチューニングが違うので、そのたびに頭の中で移調しなければならない。長時間勤務の後はなかなかシビれる作業である。


SONY α7S / Cael Zeiss Vario-Tessar FE 4/24-70 ZA

fukasawaman409 at 00:10│Comments(0)work 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔