2013年12月31日

年末の踏ん張りどころ

a8f66e61.jpg12月27日

朝早くSOUND INNにて映画の劇伴録音。音楽は佐藤直紀氏。tassiはアコギ、12弦でダビング作業。

スタジオに入り譜面台を見ると何と1曲だけ。劇伴と聞いてきたで曲数をかなり覚悟してきたが、これでは年末ジャンボに当たったようなモノではないか。曲が多い少ないで演奏が違うということは基本的にはない。しかし時間をゆったり使えるので、いつも以上に丁寧に演奏できることはいうまでもない。

その後SOUND CITYにてTBSドラマの劇伴録音。音楽は高見優、木村秀彬の両氏。tassiはアコギ、ガット、マンドリン、ヤンチンで参加。

本日はギタリスト千代正之氏と一緒のダビング作業だ。基本的に千代氏がメロディー、tassiがバッキングを担当する。二人のギターが終了した後に一人でヤンチンをダビングする。作曲家の木村氏にヤンチンのチューニングなどを訊かれるが、基本的によく解っていないと正直なところを答える。なのであまり複雑なことは書かないように…という意味を込めてのハナシである。

さらにSOUND INNにとって返しレコーディング1曲。音楽は志方あきこ氏。tassiは12弦、三線でダビング作業。

三線のキーとしては少し低いのが気になるなあ。弦をゆるめてチューニングすると伸びた蕎麦みたいなサウンドになる。太い弦を張った低域バージョンの楽器を用意しないとダメかも。実はもう一本楽器はあるのだが、一時の三線ブームは過ぎ去り、ちょっと気分が盛り上がらない。


OLYMPUS OM-D E-M5 / VOIGTLANDER NOKTON 17mm F0.95

fukasawaman409 at 00:21│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔