2013年08月05日

指の奴隷になるな

e363fcd9.jpg7月28日

午後からSOUND INNにてレコーディング1曲。音楽は服部隆之氏。tassiはアコギで参加。

今回はあらかじめファックスで譜面が送られてきた。頼んでもいないしギターなのになぜだろうと見てみると、90パーセント以上書き譜のアルペジオだった。ふつうギターではやらないような動きが随所に見受けられる。ポジションをいろいろと試しながら、なんとかいけそうな動きを探り当てる。

ギタリストの多くはあまり深く考えずに無理のないフォームでアルペジオすることを考えがちである。しかし音の流れをよく理解してみると、多少無理なフォームでも音優先でトライしてみることは価値のあることだ。


OLYMPUS OM-D E-M5 / VOIGTLANDER NOKTON 25mm F0.95

fukasawaman409 at 11:45│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔