2012年11月27日

研究会

9b4b925b.jpg10月16日

午前中に南青山の制作会社にてCM録音。音楽は篠田大介氏。tassiはアコギ、ウクレレでダビング作業。

軽快な感じでかなりハイノートまでを駆使したメロディーを、夢弦堂ロングネックウクレレで弾く。やっぱり特注して良かった。

その後新宿のESTにてアコギのサウンドチェック。これは仕事ではなく研究会みたいなものだ。いつもは時間に追われて短時間に録音を仕上げなければならない。たまにはじっくりと時間を掛け、様々なマイクポジションや楽器によるサウンドの違いを研究してみよう、というものだ。というわけでエンジニアの中越道夫氏に協力をお願いした。

使用マイク:AUDIO TECHNICA AT4050
使用ギター:「GIBSON SJ/1959」「MARTIN D-45/1969」「MARTIN D-28 HANK WILLIAMS/1998」「MARTIN D-45 VR/1997」「MERRILL OM-28」

サウンドを統一するためにAT4050を3台使用する。旧いビンテージマイクだと個体差があるのであえてテクニカを選択した。ポジションはネック側、サウンドホール正面、ボディ側の3カ所だ。他にも考えられるポジションは無数にあるが、まずは基本の3カ所から始めた。

まずはGIBSON SJからスタートする。サウンドホール正面でも低域がボコボコいわず全く問題ない。ネック側やボディ側は想像したとおりのサウンドで、それぞれ低域や高域が不足がちであった。

次にMARTIN D-45 1969を試す。マーティンのドレッドノートは普段仕事に使うことはほとんどない。というのは、サウンドホール正面からのマイクポジションでアルペジオなどの指弾きをすると、低域が強調されて抜けが悪いサウンドになると感じていたからだ。ところが結果は意外にも良好で、GIBSONに比べると多少低域がブーミー気味になるが実用上は全く問題ない。高域の倍音も豊かで仕事でも立派に使える音だ。これはハカランダボディが影響しているからだろうか。あるいはエンジニアの腕、ヘッドアンプのチョイスによるものなのか。理想は多少ネック側から狙うとベストなサウンドになる。左右のマイクはやはり想像通りで、単品では使えない。

時間を掛けて楽器を替え、またマイクをNEUMANN U87などに替えチェックは繰り返された。結果として解ったことは、サウンドホールを正面から狙った音が一番自然で使えるということだった。トリッキーなポジションをあえて狙う必要はないということがよくわかった。

アコギほどプレーヤーによって音が違う楽器はない、とエンジニアの中越氏はコメントしていた。だから今回の結果が万人に当てはまるかというとそうではないとも。人によってはネック側を狙ってAKG451のようなマイクで録った方がいい場合もあるだろう。

なかなか充実した時間だった。さて帰ろうかと支度をしていると突然電話。今から差し替えに来てくれということで、六本木のスタジオまで急いでいくことになり、そば屋の出前よろしくESTを後にした。


OLYMPUS OM-D E-M5 / VOIGTLANDER NOKTON 25mm F0.95

fukasawaman409 at 07:39│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔