2011年04月06日

切るんじゃなかった

477fcf77.jpg4月3日

午後初めて行くスタジオ「ZIZZ」にて「ヘタリア/はたふってスウェーデン」のレコーディング1曲。楽器をセッティング中に一度にいろいろと紹介されてしまったので、どなたが編曲者なのか忘れてしまった。tassiはガット、マンドリンでダビング作業。

元々打ち込みのギターが入っており、それを生に差し替えるという作業だ。事前に資料が送られていたのでもちろん予習。指定の譜面以外は自由に弾いて良いということらしい。しかしツブヤキのような唄を聞いているとどうやってアプローチして良いか解らず、デモに沿った形で演奏することを断行。

前日のリュートのに合わせて爪を短く切ってしまったために、早いアルペジオがうまくできない。引っかかりがないので指が滑ってしまい、何度トライしても完璧にはほど遠く絶望的になる。たかが爪されど爪といったところだろうか。

それでもその部分を集中的にやってもらい何とか及第点を頂く。ああ冷や汗ものである....。今月の難関二つ目だ。


OLYMPUS E-P2 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm


fukasawaman409 at 14:40│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔