2011年03月15日

揺れてもネックは離さなかった

7ee16648.jpg3月14日 

午後からSOUND INNにて劇伴録音。音楽は服部隆之氏。tassiはアコギ、12弦、マンドリン、ウクレレで参加。

かなり大がかりな編成の中、tassiはフロアの端っこにパーテーションを立てられ、ひっそりとセッティングする。かなり速いペースで録音は進められ、ミナサンの楽曲理解力に舌を巻く。

録音中に何度も余震の揺れで中断しながらも、大きいのが来なくて良かったと誰もが思ったことだろう。


OLYMPUS E-P2 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm

fukasawaman409 at 00:42│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔