2010年06月15日

安蘭けい 箱舟 2010

b6c10a81.jpg6月14日

「安蘭けい」さんのコンサートのため天王洲の銀河劇場まで。音楽は宮川彬良氏。tassiはアコギ、ガット、バンジョー、ウクレレで参加。

先月後半からリハーサルが始まり、今月初めに本番を迎え、ようやく明日が千秋楽となる長丁場のコンサートだった。一つの劇場に続けて通ったのは、数年前の谷村新司青山劇場以来だから7年ぶりだろうか。

今回のコンサートは二部構成で、第一部はストーリー仕立てのちょっとミュージカル風な造りになり、約40分間休む間もなく演奏が続く。20分の休憩を挟んでの第二部は、普通のコンサート形式で出演者のフリートークもあり、ある意味グダグダと進行し第一部と正反対の流れとなっている。

共演のミュージシャンたちは若手ばかりで、tassiはたぶん一番年長だろう。今の若いミュージシャンはみな素晴らしく、確実な演奏と音楽に対する前向きな姿勢に、tassiも襟を正さなければと感ずる場面が何度とあった。また過去の不幸なミュージカル体験が、いくらか払拭された感もあった。

明日15日の千秋楽が終われば、一日おいて神戸の三日間の公演を残すだけとなる。あっという間の一ヶ月だった。気がつけばもう梅雨入りかあ・・・・


OLYMPUS E-P2 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



fukasawaman409 at 11:24│Comments(3)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 麻里   2010年06月15日 15:25
はじめまして。
アマチュアのウクレレ弾きで、ミュージカルファンです。

「箱舟」10日昼公演を拝見しました。
オーケストラの皆さんの紹介の時に、ウクレレを手にした方をお見かけして、とてもうれしくなりました。
音楽が宮川 彬良さんだから?と思いましたが、パンフレットを買わずに帰ってきてしまったので、どなたが演奏していらしたのかわからなかったのです。
tassiさんのブログに出会えてよかったです。

過去の不幸なミュージカル体験がどんなことかは想像できませんが、ミュージカルを観る時に、本舞台だけでなく、生のオーケストラ演奏を楽しみにしている観客もいることをお伝えしたくてコメントを書かせていただきました。
素敵な舞台をありがとうございました。



2. Posted by tassi   2010年06月20日 18:10
麻里さま

アクセス下さいましてありがとうございます。

今回の箱舟2010は、昨日の神戸公演が千秋楽となり、無事に終了しました。リハーサルから数えるとほぼ1ヶ月、アッという間でした。ほぼ毎日の劇場通いはいつもの仕事のペースとは違い、新鮮でしたがちょっと疲れがたまっております。

さてカーテンコールの時に持って出た楽器ですが、実はウクレレではなくポルトガルの民族楽器「カバキーニョ」なのです。コンサート中では「I Gotcha」で本物のウクレレを使っていましたよ。
3. Posted by 麻里   2010年06月22日 22:36
箱舟2010はとてもとても楽しい公演でした。
DVDかCDでないかしら、と密かに期待しております。

あの可愛らしい楽器はカバキーニョだったんですね!
カバキーニョは名前だけ知っていたのですが、実際に目にしたのは初めてです。
「I Gotcha」をもう一度耳を澄ませて聴きなおしたいです。
1度しか観に行かなかったことが悔やまれます。
DVDかCDが出ないかな〜と密かに期待しております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔