2010年04月04日

これも修行の内か?

000b2989.jpg3月28日

高野山で泊まったところは「宿坊」というところ。宿坊とは、簡単に言えばお寺が運営する宿ということだろうか。我々がいつも泊まっているホテルのような自由度は、まずない。食事の時間もキッチリと決められているし、大浴場の入浴も、夜の10時までの数時間限りで、朝起きてシャワーを浴びようなんてことは不可能なのである。基本的には修行する僧侶のための宿泊施設だと考えればいいだろう。

そんな規律の厳しい宿屋に泊まったものだから、朝目覚めるのはもちろん早い。前日は隠し持った般若湯を内緒でチビチビやりながらの地味な夜だったから、東京にいるときよりも健康的でスッキリした目覚めだったのは、ある意味良かったのかもしれない。

さて、夜の本番までたっぷり時間があるので、あちこち散歩に出かける。当たり前の話だが、右に行こうが左に向かおうが、どこもお寺ばかりである。寺好きにはたまらない場所であることは確かだ。

コンサート本番だが、やはり相当寒かった。全身にカイロを貼り付け、手袋の中にもカイロを二枚ずつ仕込み、準備万端で本番に臨んだが、それでも手がかじかんだ。演奏内容はともかく、まあ他のミュージシャンも含めて、この悪条件の中で良くやったと思う。


OLYMPUS E-P2 / M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm

fukasawaman409 at 02:11│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔