2008年11月10日

今月のライヴ-その1

08822f23.jpg11月7日

池袋の東京芸術劇場にて「Pray For Asia」というタイトルのコンサート本番。

tassiはいつもの「AW2816X、GT-5」という基本システムに、アコギ、ブズーキ、アイリッシュ・ブズーキという組み合わせだ。

一曲目が始まって早々トラブルがあり、この先無事に終われるのかと少しシンパイになったが、予想通りハプニング続きのライヴだった。

バーンスリー(インドの横笛)奏者のHIROS氏のプレイが最高だった。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 13:07│Comments(1)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 藤棚   2008年11月11日 01:10
聴衆の1人として申せば、演奏面での不具合は判明できませんでしたょ。その他、進行の滞りは笑える範囲の出来事でした。。田代さんがハプニングを予想していた根拠…知りたいけれど、明かせないでしょうね。/ミュージシャンの立ち位置を観て「ドラマー高杉さんが、田代さんの頭を,踏みならしたりスティックで叩いたりしていた」とゆうイメージを描きながら聴いたのは、僕だけでしょうね…笑。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔