2008年11月06日

二番手

c102de75.jpg11月2日

午後から旧目黒区役所の近くにあるMECHにてレコーディング。音楽は谷田部正氏。tassiはアコギ、マンドリンで参加。

小さいスタジオなのできっとダビングだろう、と安心して時間ギリギリに到着。ところがベースの川嶋氏、ピアノの山田氏がすでにセッティングを終え待機状態だった。

先輩方を待たせてはいけない。サッサとセッティングしてすぐに録音開始する。エンジニアはポール・サイモンこと大越学氏だ。

本日は新しく仲間に加わった、1956 GIBSON J-45の初登場。我が家の稼ぎ頭である、1959 SJのスペアとして手に入れたものだ。印象としてはとても上品で、SJの粒立ちのハッキリした音とはちょっと違う。厳密に言えばスペアにはならないが、いざとなった時の心強い二番手になってくれるだろう。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 02:41│Comments(0)TrackBack(0)work | gears

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔