2008年10月08日

KANTELE

5e438ad0.jpg10月3日

午前中にSOUND CITYにて「風のガーデン」の劇伴を追加録音。事前にデモが送られてきて、それに沿った楽器を選択せよ、というのが本日のお題だ。tassiはBOUZOUKI(両方)とKANTELEを運び入れる。音楽は神坂享輔氏。

まずは書き譜部分をアイリッシュで。そしてメロディー部分はギリシャで弾く。最後にフィルをカンテレでつま弾き、無事終了だ。はたして結果がどうなっているか、10月9日夜10時が楽しみである。

その後しばらくぶりのMITにてレコーディング1曲。編曲は萩田光雄氏。アコギに安田氏、ペダルスティールに今氏、ウッドベースに高水氏という超ベテランに混じってのセッションで、tassiはGIBSON SJでひたすらアルペジオ。サウンド・チェックを兼ねて演奏したテイクがそのままOKになる。やはり一流の人たちは違うなあ。

時間が余りすぎ、で銀座にてインド料理を堪能し、翌日の本番に備え神戸まで前乗りする。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔