2008年10月06日

神田の名人

235a4002.jpg10月1日

昨日同様、新富町の音響ハウスにて本日はCM録音。音楽は椎名邦仁氏。tassiはバンジョーで参加だ。赤坂のGOLDEN EGGS LIVE以来、最近バンジョーを弾くことが多いが、昨日に続き本日もまたバンジョーDAYである。

プロデューサーから「GOLDEN EGGSのライヴはもう終わりましたか?」と聞かれ、ああっ知っているんだなあと思っていたところ、あちこちで「僕もGOLDEN EGGSのファンなんです!」という声がかかる。なるほど、業界にもけっこうファンがいるんだなあ、とちょっと自慢したくなった。

本日はアイスクリームのCMだったが、なぜバンジョーなのか....。そんな大人げないギモンはさておいて、椎名氏のギター、祐天寺氏のウッドベース、そしてtassiの6弦バンジョーによるセッションは和気藹々と進む。

終了後、神田は小川町の名人のところにGIBSON HANK WILLIAMS Jr.を受け取りに行く。名人はまるで司会、いや歯科医のようにマスクをして、きっと虫歯だったら相当痛そうな器具でグリグリと、最終調整を念入りにやってくれた。これで各弦のピックアップ・バランスは完璧だ。

tassiは買ったばかりのギターをそのまま使うことはまずない。各部分の調整を念入りにすることで、仕事の道具として完璧になるのである。もちろんお金のかかることだが、これは避けては通れないことだ。自動車に例えるなら、エンジンのシリンダーをミクロン単位で研磨し、足回りを堅め、ブレーキを強化してレースに出る、といったところだろうか。

プロのドライバーが自分一人でボンネットの中をいじれないのと同じで、ギタリストにも優秀なメカニックが必要ということである。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 01:13│Comments(0)TrackBack(0)work | gears

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔