2008年09月15日

硬直

00a0cc37.jpg9月11日

中野坂上にあるフラミンゴ・スタジオにて、二胡の賈鵬芳(ジャー・パンファン)さんのレコーディング4曲。作編曲は渡辺俊幸氏。tassiはアコギと12弦で参加。

既に録り終えてあるオケへのダビング作業だが、シンプルな曲調なのでコードチェンジもあまり多くない。多くないということは、押さえっぱなしのフォームが多いということなので、楽そうに見えるのだが....。

まあ1小節に頻繁にコードが変わる曲もやりづらいのは確かだ。しかし決まったフォームで押さえっぱなしだと、その形で筋肉が硬直してしまい、次のコードチェンジに行きづらいというのもまた事実である。

基本はGIBSON SJとMerrill OM28を使い分け、丁寧にダビング作業を終了した。本日も弾きごたえのある5時間だった。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 00:56│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔