2008年03月23日

デビューの場所

bfd594f5.jpg3月20日

谷村新司ツアー3日目。本日は名古屋での公演となる。

最近名古屋での公演は芸術劇場が多かったが、本日は何と「市民会館」である。何年ぶり、いや20年は来ていないはずだ。

記憶をたどってみるとこの市民会館は、tassiのデビューの場所だった。沢田聖子サンというアーティストが、デビュー間もない頃にサポートしたことがある。「イルカの妹」ということで、キャンパススケッチというデビュー曲だったっけ。こっちもシロウトに毛の生えてない、まだ学生気分の抜けてない長髪のワカモノ。そんなtassiはスリーフィンガーを、チンチラチンチラ弾いていた覚えがある。

ラジオの公開録音で、かなりというか倒れるほど緊張していた思う。当時はとても広い舞台に感じたが、本日来てみるとその記憶が間違っていたかのように小さく感じる。その代わりと言うわけではないが高さがスゴイ。何しろ4階席から下を見下ろすと足がすくみ、奈落の底に吸い込まれそうになる。

夜の第二部は矢場の「味仙」にて。全てにニンニクが入っており、好きな人にはたまらないだろう。tassiも好きな方だが、こうなんでもとなるとちょっとなあ......。それにしてもワカモノたちの食欲はスゴイ。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 23:39│Comments(1)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 藤棚   2008年03月25日 03:19
坂道の少女だった…、あ,今も『坂道の少女』そのままの【沢田聖子】。おない歳の女性歌手,なので、思い入れがあります。1stアルバムの伴奏は,木田高介さんと石川鷹彦さんが中心で、【イルカ】さんが書いた曲は出来が良いし、ジャケ写だけでも男子には価値があったのだぁ。プロデューサーの神部さんに感謝なり。/ラジオで,しょうこチャンが喋ったこと。「石川鷹彦さんの譜面は,コードしか書いてなくて、題名の文字が,やたらに凝ったデザインだった」…氏は美大出身でしたっけ?。/ところで、谷村さんのゲネプロ録音CDのジャケット。劇画的な似顔絵…カッコ良すぎですよねぇ?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔