2008年03月10日

昭和の名曲

b09065c8.jpg3月8日

午後からSOUND CITYにてミュージカル「ラムネ」の音源録音。音楽は長谷川雄大氏。昭和のあの歌をということで、「なごり雪」「岬めぐり」というフォークの名曲を2曲録音。譜面を見なくても弾けるほど馴染んだ曲を、GIBSON SJとMERRILL OM-28で気持も新たに弾く。

身体に刷り込まれている曲だったのであっけないほどの短時間で終了し、SONY 5stへと向かい次はCM録音。洗剤のCMでアコギでボサノバ風味。そしてウクレレでちょいと彩りを添え無事終了。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 16:37│Comments(1)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 藤棚   2008年03月10日 20:54
記事のタイトルを見て(本文を開ける前に)【いずみたく】メロディかな?と推測した。『見上げてごらん夜の星を』『夜明けのうた』は名曲だから。けれど、御提示の2曲は…昭和年代後期の【日本のフォークソング】だ。ふぅむ、確に名曲なり。星の数程に優れた曲は存在するので,空を見上げなければなぁと感ず。…1曲だけならば,『夜明けのうた』を選ぶことにしている。/追記:『なごり雪』は【イルカ】さんの歌唱Ver.が歌詞の質を巧みに表現し,作品価値を上げた、と思う。…再始動中のイルカさんに敬服している最近だ。自作曲には,いっ貫したメッセージが込められていることは、シンガー&ソングライタァとしての必須であり,それを30年以上も続けている人なのだから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔