2008年02月14日

この底冷えにどこのスタジオも寒いなあ

f67bd95d.jpg2月11日

午後からVictor 302stにてレコーディング。14分にも及ぶ大作で編曲は渡辺俊幸氏。ピアノとストリングスそしてtassiのアコギだけという編成。

譜面は一段譜だったが6枚の長さ。おまけにキーがE→G→F#と転調していくので、アレコレと秘策を考えるがそのままオープンで最後まで弾く。分数コードが多いのでナカナカやっかいな部分もあったが、まあなんとかなったかな。

前回同様やはりブースの中が寒く、指がかじかむくらいで困った。冬の時期は使い捨てカイロは必携かもしれないと肝に銘じた。

前回から写真のサイズを大きくしてみた。


EPSON R-D1s Minolta M-ROKKOR 28mm



fukasawaman409 at 01:32│Comments(2)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kikkawa   2008年02月14日 19:17
はじめまして!ビクタースタジオ営業の吉川と申します。個人的にアコギが好きな事もありまして、ブログを楽しみにしております。
仕事ではスタジオにてお世話になっておりますが、この季節、やはりブースが寒いとの事で・・・申し訳ありませんでした。スタジオの空調は小回りが利かない都合もありますので、個別に使える暖房機を検討致します。
今後とも宜しくお願い致します。
2. Posted by tassi   2008年02月14日 23:40
kikkawaさま

これはこれはスタジオの方から直々にコメントを頂くとは.....
いつもお世話になっています。

この時期どこのスタジオも寒いです、麹町も新富町も。
特に今年は異常なくらいですね。

ビクターだけが寒いという印象を与えてしまったようで
申し訳ありませんでした。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔