2007年11月04日

三線にカポ

12e86e35.jpg11月2日

午後から多摩川近くのSOUND DALIにてレコーディング1曲。本日は久しぶりの三線登場だ。

三線でKey=Aというのは、ナカナカやっかいだ。tassiは基本的に「本調子」でチューニングするので、2弦がトニックの根音つまり「A」になる。だいたい「F」あたりが一番良い音域なのだが、「A」となると上げるか下げるか迷うところである。下げれば低すぎて音にならず、上げれば弦が切れる恐れアリで、さてどうしたもんか。

結局ギリギリの「G」まで上げ、カポを使ってナントカ対応する。いずれ細い弦を張る高域用の三線を、もう1本用意する必要がありそうだ。演奏としては1フレーズを2パターン録って、短時間にて無事終了。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 09:54│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔