2007年06月16日

運命の寄り道

a7fd13ce.jpg6月15日

午後からOnAir麻布Astにてレコーディング。某番組のエンディングテーマということで、谷村新司さんのレコーディングだった。

はい、ここまでは11日といっしょ。だが今回は民放ではなく、NHKの渋〜い番組とのこと。たしか仏像がどうたらこうたら.....。

70年代のフォーク風ということで、エンジニアの三浦氏は本日AKG C12ではなく、NEUMANN M269を立ててくれた。tassiとしても、こちらの方が好みだ。もう1本SCHOEPSを、えっこんな場所に立てちゃうんですか、という位置にサブマイクとして追加。ナカナカ立体感のあるサウンドで、なるほどねと感心。

もう一人のギタリスト古川昌義氏とのギターアンサンブルは、古川氏がガットでtassiがアコギという組み合わせだ。普段アコギの人と一緒になることが少ないので、こういう機会はナカナカ貴重である。古川氏はクラシックギター出身だけあって、演奏はもちろん音色もすばらしく、ただただ脱帽。

中目黒の薬膳カレー屋に寄り道し初挑戦。しかしあまりの甘さに倒れそうになり、かろうじてナントカ家までたどり着く。途中公園から見える夕焼けを写すが、シャッターチャンスは既に過ぎた後。現像でちょいと手を加えてみたものの、残念ながらというか、当然ながら30分前の景色にはならず、寄り道をさらに後悔。


RICOH Caplio GX 100


fukasawaman409 at 00:25│Comments(1)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あかね   2007年06月20日 19:41
たしかにこの日の夕暮れはとても印象的でした。翳り行く空と赤紫に染め上げられた点在する雲とのコントラストが幻想的で。シャッターチャンスを捉えた写真見たかったです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔