2007年05月15日

夢弦堂デビュー

754f78dd.jpg5月14日

昼から南青山にある制作会社でCM録音。音楽は佐藤彰信氏。本日はシャンプーのCMということで清潔感はもちろん、爽やかでしかも暖かいイメージを求めて作業は進む。2タイプ録ったが、両方共にアコギとアイリッシュブズーキのアンサンブル。アコギは本日初登場の「夢弦堂カスタム」だ。

夢弦堂のギターは本日のCMイメージにピッタリで、倍音豊かなサウンドがイメージを膨らませてくれる。そこに更に倍音の追い打ち掛けで、アイリッシュ・ブズーキのアルペジオが微妙に絡み、女性ボーカルの声質を底上げしてくれる。tassiの印象としてはそんなところだ。

夜にサウンドインAst迄移動し、大物演歌歌手のレコーディング。基本的にアルペジオ一発だったので、やはりここでも夢弦堂を試す。こういったレコーディングの時はリズム隊はもとより、ストリングスから管楽器などの大編成が一堂に会するので、モニター状況は正直言って辛い。ほとんど聞こえないといってもイイくらいだ。夢弦堂でもマーチンでもモニター上で、その音質を聴きわけられる人がいるかどうか、だろう。

そんな中で演奏をするので、ある種の割り切りと想像力が必要となる。想像力とは、ミックスダウン後にどのように聞こえているかを予想して弾くこと。あきらめに似た割り切りはいつでも出来るが、良い結果を予想して弾くことはナカナカ難しいのだ。


RICOH Caplio GX 100

fukasawaman409 at 00:12│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔