2007年03月23日

M582結果は上々

6424d939.jpg3月20日

午前中に市ヶ谷のサウンドバレイAstにて鉄道会社のCM録音。音楽は向井寛氏。CMにしてはけっこう長い曲だったので、もしかするとCDになったりするのかもしれない。エンジニアは廣瀬修氏。時間に余裕があったので、先日手に入れたNEUMANN M582を持ってくればヨカッタなあ。

早めに終わったので急いで自宅へ戻り、M582を携えてサウンドシティCstまで一人ダビングに行く。4月から日テレで放送予定の「ロミオとジュリエット」の劇伴録音で、音楽は菅野祐悟氏。tassiはアコギ、ガット、ブズーキで参加。いよいよM582デビューなのだが、果たしてエンジニアの葛島洋一氏の反応はどうか気になるところだ。

最初U47とM582を2本立ててその違いを聴く。U47も確かにイイがM582の方は、俗っぽい言い方をすれば「ロックな音」といった感じで、音が前に出てくるのでかなり印象としては強い音となる。葛島氏は開口一番「いい音ですねえ」。多少のリップサービスは入っているのだろうが、アコギとの相性は全く問題ない。というかむしろとても良いと思う。とりあえずU47はクビ。今回はROYER R-121も追加で立てて、リボンの暖かさとM582の個性の強さをミックスして、結果的に素晴らしいサウンドとなった。ああ、コレで一安心だ。


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 14-54mm

fukasawaman409 at 00:02│Comments(0)TrackBack(0)work | gears

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔