2006年11月27日

芋たこなんきん

fc209aef.jpg11月26日

正午から渋谷にあるNHK506stで、朝の連続テレビドラマ「芋たこなんきん」の劇伴録音。音楽は栗山和樹氏。

tassiはアコギ、ガット、ブズーキで参加。コミカルな曲でブズーキを使用した。ドラマの舞台が昭和初期の大阪ということで、古いスタイルのジャズをやるのでアーチトップ・ギターも持ってきてほしいということだった。ジャズはtassiの専門外なので、まあリズムくらいなら刻みますよってことで、GIBSON L-50というピック・ギター(別名漫才ギター)を同行させた。

なぜ「漫才ギター」というのか。tassiが子供の頃テレビの寄席番組に出ていた漫才師がよく持っていたのが、テイルピースが付いて、f穴の開いたスタイルのギターだった。確か「かしまし娘」の一人が持っていたのはL-50、「玉川カルテット」の場合はあのSUPER-400だったりと、tassiのようなフォーク世代にはちょっと古くさい楽器というイメージがあったので、今考えるとちょっと小馬鹿にしたニュアンスもなかったわけではない。

ピック・ギターという呼び方はよくわからないが、クラシック・ギターが指で弾くのに対し、ピックを使って弾くからそう呼んだのかもしれない。ハワイアンや古いジャズが全盛の頃の昭和初期に、たぶん日本でつけられた俗称じゃないかと思う。きっとアメリカでは通用しない気がするが、どなたか知っている方がいれば教えてほしい。

さて、ふだんはL-50が登場する機会などほとんどなく、いつも楽器庫の隅に寂しくポツンと置かれているだけ。今回は1曲だったが、フラット・ワウンド弦を張ったL-50のサウンドは、まさに古いスイングを刻むにはもってこいの楽器だった。

マイクはサンケンのCU-41を2本ステレオで使用。一般的にはあまり知られていないが、日本が誇る完成度の高いすばらしいマイクだ。


「芋たこなんきん」
http://www3.nhk.or.jp/asadora/index.html


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 14-54mm

fukasawaman409 at 22:35│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔