2006年11月22日

譜面台は三脚代わり

5720ffe7.jpg11月21日

午後から新富町の音響ハウス1stで某電機メーカーのCM録音。音楽は平岩嘉信氏。

アコギのアルペジオにストリングスという編成で曲はバッハ。ストリングスの皆さんの前にチョチョっと弾いて30分ほどでOKを頂く。今日のマイクはAKG C451EとROYER 122という2本立てだ。全く異なるキャラクターのマイクを2本ということで、どんな音が返ってくるかと興味津々だった。

マンドリンや複弦系の楽器には「痛くない」音に録れるということで、tassiは自宅録音の時にはROYER 122をよく使う。でもアコギにはあまり使ったことがなかった。と言うより、正直言ってアコギには不向きと感じていた。しかし今回は、451のおいしいところとうまく組み合わさって、ナカナカの音がしていた。今後の参考にしよう。

夕方からサウンドインAstでアグネス・チャンさんのレコーディング1曲。アレンジは川口真氏。ストリングスも入っての同録だ。モニター状況で苦労したが、なんとかやり終えて無事終了。

マクロレンズを手持ちで撮るのはタイヘンだ。写真を撮りに行く目的なら迷わず三脚を持って行くところだが、仕事のついでに撮るとなるとそうはいかない。いったい何しにきてるんだ!と怒られそうなので、譜面台を三脚代わりにして微妙に上下させ、ナントカやりくりしている。それでもISO800が限度だろうなあ.....


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 50mm MACRO


fukasawaman409 at 01:43│Comments(0)TrackBack(0)work | photo

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔