2006年10月06日

Merrillのサウンドにウットリ

4b01b82e.jpg10月4日

午後から北青山にあるCM音楽制作会社スタジオにてCM録音。音楽は櫻井映子氏。
今日は男性には縁のない女性用生理用品のCMだった。

アコギ、ガット、そして高音がきれいな楽器というオーダーなので、マンドリンとカバキーニョが同席。あまりエスニックな響きじゃない方がヨイらしい。ギターとしてはちょっと高めな音域でアルペジオ。そして更に上の音域でアルペジオを重ねるという作業だ。ワタシ的にはカバキーニョがオススメだったが、満場一致でマンドリンに決定。アコギはMerrill OM28を使用。きれいなアルペジオを弾かせたら、tassiの持っているギターの中ではダントツだろう。D-45も繊細でヨイがMerrillの方が音が太く、かつ倍音も豊かで説得力がある。見た目には高そうに見えないところがまたヨイ。マンドリンはいつものGibson F-2。

なんだかちょっとトリッキーだなと譜面をよく見たら、16分のアルペジオを前半後半に分け、違った楽器で弾き分けるということだった。生理的にシックリ来なかったのは、そういうワケだったのかと気づいたのは、すでに録音が終わった後で、譜面の理解力のなさに我ながらあきれる。まずは全体を見渡せるだけの余裕と理解力を持たねばならぬと実感した一日だった。


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 11-22mm

fukasawaman409 at 01:32│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔