2006年10月01日

妖奇士2

ac4da517.jpg9月28日

Merrill OM28の調整が出来上がったという連絡が入り、神田小川町のBlue-Gまで出向く。5フレットからハイポジションにいくにしたがってビビリ音(バズトーンとか言うんですか専門用語では?)が気になっていたのだが、しっかり直っていて、コレは完璧。この店はアフター・サービスがしっかりしていて、おまけにリペアの専門家がいつも店内にいるので心強い。

その後麻布台のサウンドシティAstにてアニメの劇伴録音。音楽は大谷幸氏。今回は時代劇(時代アニメっていうの?)でそのタイトルは「妖奇士2」。「ようきし」と読んではダメ、正しい読み方は「あやかしあかし」だそうだ。アニメファンならスラスラと読めるんだろうが、tassiのようなアニメ音痴にはよくワカラナイ。ワカラナイがリズム隊、サックス隊、金管、みんな一流のミュージシャン揃いで最高の演奏だった。

今回の楽器はBOUZOUKI/ブズーキ、MANDOLIN/マンドリン、BANJO/バンジョーそしてアコギの4種類。ブズーキはアイリッシュ(SOBELL)、マンドリンはGIBSON F-2、バンジョーはBLUEBELL 6弦を使った。アコギは調整から直ってきたばかりのMerrillを使おうと思ったが、曲調がロックっぽいものだったのでGibson SJで男らしくストローク。


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 14-54mm

fukasawaman409 at 00:03│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔