2006年09月14日

タランテラ!

9月12日

夕方から池尻大橋にあるマルニスタジオまで劇伴録音。音楽は斉藤恒芳氏。
劇伴といっても今日は1曲のみで、それも5分を超す大作である。話を聞くと、宝塚雪組の「タランテラ!」の中で使われるそうだ。通常こういった劇中音楽はオケピットにいるオーケストラによって演奏されるのが常だが、様々な理由で生ではなく録音にする場合もあるとか。

今回tassiはガットギターと、物語の舞台が南米ということもあってかCHARANGO/チャランゴを演奏。超大作の前半部分はスパニッシュ的なギター。譜面は簡単そうに見えたがやってみると意外と難しく、相当時間をかけてナントカ終了。この時点で次に待つ旭氏の顔がガラス越しに見える。後半はまだ終わってない、やばい。

結局チャランゴが出てくる後半部分から旭氏と一緒にやる事になる。今日は南米系民族楽器コンビ(?)ってことで旭氏はケーナで参加。いつもはすれ違うことが多い旭氏だが、さすがにベテランと思わせる演奏にただただ感動。それにしても久々に苦労したダビング作業だった。


「タランテラ!」
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/06/snow_takarazuka_datenshi/index.html


fukasawaman409 at 01:11│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔