2006年08月04日

矢沢永吉さんのスタジオ

088983e3.jpg8月4日

昼過ぎから赤坂のはずれにある「oden STUDIO」で某電気設備会社のCM録音。
昨年オープンしたスタジオで、tassiも初めて行く。
「oden、おでん...ちくわ、はんぺん」なんでこんな名前なの...?

ふつう「赤坂」と聞くと繁華街というイメージがあるが、ちょっと裏に入ると一方通行が多く、町名のわりには民家もかなり密集している。このスタジオもそのエリアの一角にあり、最初にココを訪れる人は道順がわからず、「近くまで来てるんですが、道順が...」と電話をかけてくる事もけっこう多いようだ。もちろんtassiもその一人。

作曲は岡田睦氏。今日は古いジャズの感じを出したいというオーダーなので、古いGIBSON L-4とやっぱり古いフランスのJ.CASTEILUCCIA(カステルチア)そしてガット(フラメンコ)を用意した。結局柔らかい音がマッチしてるという理由で、ガットを4ビート風に指弾きで演奏。オケに埋もれそうな感じだが、エンジニアの浜田純伸氏はきっといい塩梅にしてくれるだろう。

帰り際にスタッフにスタジオ名の由来を聞いてみた。インパクトのある名前にしたというのがその大きな理由だとか。まさか食べ物の「おでん」ではないでしょうねと改めて聞いてみたら、そういう意味もあるとかないとか.....。確かに、はんぺんちくわの「おでん」ならインパクト大だね。そういえばちょっと前に「鯛スタジオ」っていうのが飯倉にあったが、あれも独創的だったなあ。

当分このスタジオは「近くまで来てるんですが」「odenってナニ?」の対応に追われるだろうと想像した。

oden STUDIO
http://www.odenstudio.com/


EPSON R-D1s Minolta M-ROKKOR 28mm

fukasawaman409 at 20:50│Comments(0)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔