2006年07月29日

仮唄

1074e3ae.jpg7月28日

ここのところ作業を進めていたアレンジがほぼ固まってきた事もあり
今日はアーティストの「高橋洋子」さんに自宅スタジオで仮唄を歌ってもらう。

前回の打ち合わせでは「ラララ」だったが、チャンと歌詞が乗ると曲の説得力がさらに増す。
肉声による唄の力というのは本当に素晴らしいと感じた。
もちろん誰でもと言うわけではなく、本当に表現できる人だからこそであるのは言うまでもない。

tassiに発注するぐらいだから、いわゆる「アニメ系」サウンドを裏切る形でやらせてもらっている。ほぼギターサウンドでシンセ系は一切ナシ。こんな編成で唄をしっかりサポートするバッキング・トラックを作ることはアコースティック冥利に尽きるが、実はちょっとシンパイでもあるなあ。またちょっとした裏技も使っているが、解る人はスタッフでもいるかどうか楽しみだ。

アーティストのOKをもらったので、今日はようやく解放された気分だ。


OLYMPUS E-1 ZUIKO DIGITAL 14-54mm

fukasawaman409 at 00:15│Comments(1)TrackBack(0)work 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yossys   2006年07月31日 22:38
うむむ、M149、わたくしも愛用しております。
何でもかんでもこれでOK。気に入っています。
もう一本欲しい。。。
うむむ、01V96?! 01V(初代)愛用してます。
うむむ、805?! いいなぁ。。。

それにしても、楽器、カメラ、録音機材・・・多趣味ですねぇ☆

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔